上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line
 20日午前11時ごろ、東京都練馬区光が丘の14階建てマンション8階に住む荒川利雄さん(86)方から出火、同室約80平方メートルが焼けた。駆けつけた消防隊が荒川さんの妻、輝子さん(67)を救出したが全身にやけどを負い間もなく死亡。荒川さんものどにやけどを負った。警視庁光が丘署で出火原因を調べている。

 現場は都営大江戸線光が丘駅の北西約250メートルにある団地。

【関連記事】
幼児のライター遊び原因か 東京・練馬の幼児2人死亡火災
「音うるさい」と放火か 元アパート住人の男逮捕 愛知県警
犬小屋全焼、イヌ70~80匹が死ぬ 奈良
東京スカイツリー煙に包まれる 墨田区で住宅火災
悲痛の桑田氏「もう1度キャッチボールしたかった」

APEC控え協力態勢確認=税関、県警など横浜の4機関(時事通信)
シュワブ陸上案検討認める=普天間移設「その方向に進んでいる」-北沢防衛相(時事通信)
<科学技術会議>環境問題と健康計画の2本柱に 骨子素案(毎日新聞)
首相動静(2月19日)(時事通信)
北海道の飼料会社で溶接作業中に爆発、7人病院へ(読売新聞)
スポンサーサイト
line
 国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中の野口聡一宇宙飛行士(44)が19日、東京都内の宇宙航空研究開発機構事務所を通信回線で結んで記者会見した。1月下旬にインターネット環境が整備されて冬季五輪のニュースをよく見ているといい「日本選手団がメダルを取り、今後の活躍が楽しみ。みんながんばって」と、親指を立てる仕草で激励した。

 野口さんは他のISS滞在員やドッキング中の米スペースシャトル「エンデバー」搭乗員ら米露の宇宙飛行士10人と並んで登場。「宇宙生活も約2カ月、体も精神も慣れて楽しんでいる。かなり忙しく、あちこちをメダカのようにめまぐるしく泳いでいる」とリラックスした様子。仲間にサケやエビの手巻きずしをふるまったことも明らかにした。

 ISS滞在は残り約3カ月。「地球は美しく、岩手県の小さな漁港など、ちょっとした風景に心を奪われる。日本をすみずみまで見たい」と語った。【西川拓】

【関連ニュース】
野口飛行士:宇宙からDJ 「きぼう」で初ラジオ収録
野口聡一さん:鬼は地球の外?…チョコで宇宙の「豆まき」
野口宇宙飛行士:北海道の子供たちと交信 質問に答える
鳩山首相:野口宇宙飛行士と交信“宇宙人”として質問連発
野口聡一さん:和服で書き初め ISSで正月行事

<雑記帳>紅白ガニ「めでたい」と水族館の人気者に(毎日新聞)
予算案、年度内成立へ=3月1日にも衆院通過-与党方針(時事通信)
<北教組違法献金事件>小林議員の関与を会計担当者が否定(毎日新聞)
「地下水の浸食で陥没」=ゴルフ場転落事故で鑑定書-北海道(時事通信)
雑記帳 ハタハタだけじゃない…秋田・男鹿で「地魚」検定(毎日新聞)
line
 鳩山由紀夫首相は18日、沖縄県名護市の稲嶺進市長と首相官邸で会談した。米軍普天間飛行場(同県宜野湾(ぎのわん)市)の米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(名護市辺野古)への移設反対を訴えて市長に当選した稲嶺氏に対し、首相は「民意として重く受け止めている。沖縄県民の負担軽減に努力したい」と述べたが、具体的な移設先には言及しなかった。

 稲嶺氏は「海も陸上も含め、新たな基地は造らせませんと市民に約束した」と述べ、シュワブ陸上部への移設にも反対した。

 首相は同日夕、首相官邸で記者団に対し、「すべての選択肢を視野に入れて検討している」と述べた。

【関連記事】
「社民と協議したくない」普天間で国民新・下地氏
社民・重野幹事長「県民の思いに応える方策か」 普天間、国民新の県内移設2案を批判
普天間移設、候補地提示先送りも首相「5月末決定に影響なし」
普天間問題 「最善は現行計画」「カギは小沢氏」
首相、シュワブ陸上案に「検討の価値ある」

遮断棒折れ2万1000人影響 大阪の東海道線(産経新聞)
改修工事もめ作業員2人刺す 74歳洋傘店主を逮捕 東大阪(産経新聞)
45歳エロ医師“本番”拒否のデリヘル譲を日本刀で脅す(スポーツ報知)
新幹線ホームから線路侵入、歩いた女は黙秘(読売新聞)
新臨床研修制度「トップランナーが育たない」―嘉山氏が講演(医療介護CBニュース)
line
 「午前4時にネットで結果を見てから一睡もできなかった。一夜明けて、じわじわ効いてきました」。第60回ベルリン国際映画祭で最優秀女優賞を受賞した女優の寺島しのぶさん(37)は21日、舞台出演のため滞在中の大阪市で喜びを語った。
 「キャタピラー」の台本を若松孝二監督にもらって初めて読んだとき、「体に電気が走った。女優としてこれはやらないといけないと感じた」と言う。キャスティングの理由は「もんぺが一番似合う女優だから」で、「真っ先にわたしが浮かんでくれてうれしかった」とほほ笑む。
 リハーサルがほとんどない監督の手法が自分には合っていたといい、「夫婦の密接で濃厚な関係を、たった12日間の撮影で表現できた」と話す。
 受賞を機会にさらなる飛躍も期待され、「映画も舞台も、(今回のように)電気が走るような作品に全力投球したい」と表情を引き締めた。 

【関連ニュース】
シリアスからコメディーまで=ベルリン映画祭最優秀女優賞の寺島さん
寺島しのぶさんに最優秀女優賞=田中絹代さん以来35年ぶりの快挙
クロージング選出は「光栄」=「おとうと」の山田監督
「パレード」に批評家連盟賞=ベルリン映画祭
力強い反戦映画と評価=若松監督「キャタピラー」

「撮り鉄」の“脱線”問題 大阪府警が捜査へ(産経新聞)
変わる百貨店1階にスイーツ売り場 デパイチ登場(産経新聞)
<新千歳空港>74歳男性が車で侵入 立ち入り制限区域(毎日新聞)
<枝野担当相>訓示で行政刷新「まず内閣府から」(毎日新聞)
子ども手当「23年度は満額」 首相が強調(産経新聞)
line
 2009年に刑法犯で摘発された少年は前年比0.8%減の9万282人となり、6年連続で減少したことが18日、警察庁のまとめで分かった。罪種別で、万引きが10.8%増の2万9119人、ひったくりが11.3%増の712人、放火が25.8%増の83人となったが、いずれも10年前と比べると減少か横ばい状態にある。
 補導された14歳未満の少年は2.6%増の1万8029人で、4年ぶりに増えた。万引きが15.5%増の7855人、放火が45.3%増の109人だった。
 殺人(未遂含む)の補導は3人減の2人。島根県で昨年7月、中学2年の男子生徒が父親を刺殺した事件などがあった。 

<千葉大生殺害>現場を複数回下見 「入りやすそうだ」(毎日新聞)
【集う】根っこの家・若い根っこの会が「日本一遅い新年会」(産経新聞)
中国海南島で起きている異常事態 マンション価格3年で百倍以上(J-CASTニュース)
<心臓移植>改正法間に合わず米で手術 寄付呼びかけ(毎日新聞)
東京・練馬でアパート火災、幼児2人死亡(読売新聞)
line
 医薬品販売の許可を受けずに男性機能不全(ED)治療薬「バイアグラ」の模造薬を所持するなどしたとして、大阪府警生活環境課と福島署は15日、薬事法違反容疑で、大阪市城東区古市、無職広瀬敬志(64)、兵庫県明石市小久保、無職中井雅幸(28)両容疑者を逮捕した。同課によると、2人とも容疑を認めている。
 2人の逮捕容疑は昨年9月3日、乗用車内に本物と同じ医薬品成分を含む偽物のバイアグラなど錠剤計約500錠を販売目的で所持したほか、計84錠を客7人に販売した疑い。
 同課によると、広瀬容疑者らはスポーツ紙に広告を出し、代金引換郵便などで配送。2008年3月~昨年9月、46都府県の客約7000人に販売し、1億円以上を売り上げたという。 

鬼追理事長、3月退任へ=漢検協会(時事通信)
<野口宇宙飛行士>「日本選手の活躍楽しみ」宇宙から激励(毎日新聞)
鳩山首相「民主党らしさは歯切れの良さ」(産経新聞)
<漫画ミュージアム>北九州で開館へ 売上高30億円見込む(毎日新聞)
石川議員離党「判断重い」=鳩山首相(時事通信)
line
 14日(日本時間15日)に行われたバンクーバー五輪のスピードスケート女子三千メートルで6位入賞を果たした穂積雅子(23)=ダイチ▽15位の石沢志穂(23)=岸本医科学研究所=両選手は、北海道の駒大苫小牧高時代に同じ下宿で過ごした間柄だ。当時、2人を見守ったのは“下宿のおじさん”と慕われる山崎重悦(しげえつ)さん(73)。山崎さんは「自分の子供と思って接してきた。(日本時間25日に出場予定の)五千メートルは自分の力を信じて滑れば、いい結果が出るはず」と期待している。【久野華代】

 学生時代からスケートに打ち込み、現在は苫小牧スケート連盟会長を務める山崎さん。79年からスケート部を中心に同高の女子生徒を受け入れてきた。

 中札内村出身の石沢選手は入学時に、千歳市に実家のある穂積選手は石沢選手に誘われて2年春から下宿を始めた。部屋が隣同士の2人は妻紀代子さん(69)が作る朝夕の食事をそろって食べていた。

 「『我関せず』という感じで自分を持っていた雅子と、いつもニコニコとしていた志穂の性格は正反対だが、仲は良かった」と山崎さん。ただ、ライバル同士のため試合前にピリピリとしたこともあったため、「(そのような関係が)試合後まで続かないように気を使った」という。

 夜遅くまで練習する2人に「一生懸命やれば必ず五輪に行ける」と言い、フォームについて助言したこともあった。

 山崎さんは「高校時代の2人は五輪に出られるかどうか半信半疑だっただろう。五輪を意識する環境はつくってやれたと思う」と話した。

【関連ニュース】
五輪複合:好発進に「金」の力…河野、阿部コーチが指導
五輪スノーボード:国母選手の応援会中止…東海大
バンクーバー五輪:視聴率、開会式は25.4%…関東地区
五輪フィギュア:川口見守る…露の名伯楽、日本の娘誇って
五輪モーグル:ビロドー、最後の選手を待って加に初の金

<iPS細胞>難病患者の皮膚から作成 テロメアを修復(毎日新聞)
<龍谷大>院生にセクハラと解雇 教授は「恋愛関係」主張(毎日新聞)
車内で男性が拳銃自殺? 身元確認急ぐ 東京・足立(産経新聞)
小1虐待の継父 強盗容疑で逮捕状 静岡県警(産経新聞)
石原知事、パンダ復活「繁殖で日本製のパンダを」(産経新聞)
line
 中央社会保険医療協議会が2010年度診療報酬改定を答申したのを受けて、全国腎臓病協議会(全腎協)は「厚生労働省の医療政策が現状追随で、日本の医療はこうあるべきというビジョンなき政策であると言わざるを得ない」とする宮本高宏会長の談話を発表した。

 入院で行う慢性維持透析は現在、出来高評価になっているが、10年度診療報酬改定で包括評価に変更される。同時に、エリスロポエチンの使用量が減り、同じ効能で低価格のダルベポエチンへの切り替えが進んでいる現状を踏まえて、包括点数を引き下げる。

 これについて宮本会長は談話で、「われわれ腎臓病患者、とりわけ日常的に透析医療を必要とする患者にとって、透析治療にかかわる診療報酬は命綱ともいえ、治療の質を担保するもの」と指摘。今後、透析医療の質が担保されるか注視するとしている。
 その上で、政府および厚労省が「日本の医療をこうするのだというビジョン」を国民に示し、その実現に向けた歩みを10年度の改定から始めることを強く求めている。

 全腎協では、昨年8月に厚労省保険局医療課の佐藤敏信課長あてに要望書を提出し、10年度診療報酬改定で人工腎臓について、包括化を行わないことや、点数を引き下げないことなどを求めていた。


【関連記事】
【中医協】2010年度診療報酬改定を答申
2010年度診療報酬改定のポイント(3)
透析医療“受難の時代”(1) 高まるリスク、増える業務量…
診療報酬改定は「財務省主導」-答申受け日医
日薬が改定答申で見解

「子ども手当で借金残したくない」=予算の無駄削減で財源捻出-鳩山首相(時事通信)
<交通事故>雪道で正面衝突 母子死亡 栃木・大田原(毎日新聞)
五輪スピード 長島選手に報奨金1000万円…所属の企業(毎日新聞)
「事件への加担、強要された」=年下の無職少年供述-3人殺傷、宮城・石巻(時事通信)
野党側「求めていた資料と違う」(産経新聞)
line
 秋田県と東京都の両教育委員会は10日、小学校教員を2010年度から共同選考する協定を結んだ。同県で不合格となっても成績次第で都に採用されるのが特徴で、全国初の取り組み。少子化により教員採用枠が少ない同県と、団塊の世代の大量退職で優秀な人材確保が急務となっている都の思惑が一致した。さらに都教委は高知、大分両県教委とも共同選考を行う方向で調整している。
 具体的には、秋田県の教員採用試験の受験生に対し、東京勤務の希望を事前に確認。都は、同県実施の1次試験で一定の成績を収めた受験生には、都の2次試験の受験資格も与える。都の教員として採用され、都内で5年程度勤務した後、秋田県の教員として戻ることも可能にする。 

【関連ニュース】
秋田の不合格者、東京で採用も=小学校教員で共同選考
58歳男性教諭を懲戒免職=授業中に胸触る
いじめで自殺、両親が県を提訴=携帯に遺書、教委は否定
体罰の賠償は市負担=教員採用の福島県側勝訴
学テ学校別結果の開示認める=「国の実施に支障ない」

<小沢幹事長>政倫審への出席に否定的(毎日新聞)
【中医協】勤務時間の把握、「タイムカード」を削除(医療介護CBニュース)
<原口総務相>各省の会見内容 行政評価の対象に(毎日新聞)
NHK評価委員会が指標作成(産経新聞)
エルニーニョ、春から夏に終息へ=冬の気候、影響弱く-気象庁(時事通信)
line
 昨年3月、群馬県渋川市の高齢者施設「たまゆら」で入所者10人が死亡した火災で、県警は10日、業務上過失致死容疑で、施設を運営する法人の理事長、高桑五郎容疑者(85)を逮捕した。

【関連記事】
狭すぎる…無届け老人ホームの4割で改善指導 厚労省
たまゆら火災で、群馬県警が燃焼実験
「たまゆら」火災契機に来月シンポ
個室で幸せ 生活苦の高齢者に介護受けられる住宅を
退院後はどこへ 行き場のない高齢者、増加

<雑記帳>エゾシカ使った新メニューで目黒選手を応援(毎日新聞)
馬淵氏はどんな悪いことをしたのか(産経新聞)
<山本病院>男性の容体急変時に理事長が外出、飲酒(毎日新聞)
<塩分取りすぎ>がんなど万病のもと 厚労省が8万人調査(毎日新聞)
国宝土偶展 入場者10万人を突破 2月21日まで開催(毎日新聞)
line
 政府は12日の閣議で、日韓両国が領有権を主張する竹島について「現在の竹島は現実にわが国が施政を行い得ない状態にある」として、日米安全保障条約の適用外とする答弁書を決定した。国民新党の亀井亜紀子氏の質問主意書に答えた。答弁書は、日米が共同で防衛にあたる、日米安保条約第5条が規定する範囲を「わが国の施政の下にある領域における、いずれか一方に対する武力攻撃が発生した場合」と説明。竹島では米国の防衛義務が生じないとした。【横田愛】

【関連ニュース】
核密約調査:岡田外相「3月に結果」
普天間移設:双方の主張を確認…日米外務・防衛局長会議
鳩山首相:施政方針演説 「いのち守る」の理念を強調
菅財務相:沖縄返還密約文書 財務省へ調査の徹底を指示
安保改定50周年:日米の外務・防衛担当閣僚が共同声明

検察側が菅家さんに無罪求刑、そして謝罪 足利再審(産経新聞)
政治主導確立法案を閣議決定(産経新聞)
【元厚生次官ら連続殺傷 最終弁論(下)】「私は健常者」「愛犬のあだ討ちでき、ま・ん・ぞ・く」 最後まで独自論理を展開(産経新聞)
追加調査を重ねて否定=外交機密費の官邸上納-平野官房長官(時事通信)
深夜の路上強盗 3万円奪い逃走 大阪・阿倍野(産経新聞)
line
 姪(めい)を投げ落とすなどして重傷を負わせたとして、水戸地検は4日、殺人未遂の罪で茨城県桜川市池亀、無職、菊地美沙子容疑者(25)を起訴した。県内で裁判員裁判対象事件が起訴されたのは26件目。

 起訴状によると、菊地被告は平成21年9月26日午前11時ごろ、自宅に遊びに来ていた姪=当時(8)=の口や鼻を軍手をはめた両手でふさいで抱きかかえ、2階の部屋から約5メートル下のコンクリート地面に2度投げ落とした上、レンチで頭などを数回殴り、頭蓋骨(ずがいこつ)骨折など全治約6カ月の重傷を負わせたとされる。

 菊地被告に対しては21年10月から精神鑑定が行われ、責任能力があると判断された。

【関連記事】
見逃されたSOS…両親からの虐待で死亡した7歳男児の阿鼻叫喚
海に落とし遊泳20分強要し殺害、元組員に無期懲役判決
歯科医が区に通報していた 東京・江戸川区の小1男児虐待死
児相の虐待相談件数、18年連続で増加
両親入信「手かざし治療」の宗教団体を捜索 乳児死亡事件

未明に民家全焼、焼け跡から2遺体…埼玉(読売新聞)
<白血病>原因分子を幹細胞内で発見 理研など(毎日新聞)
カーナビ物色で現場に 名古屋ひき逃げ、同乗者供述(産経新聞)
<書の甲子園>校名プラカード揮毫も真剣 岡山・明誠学院高(毎日新聞)
投資会社「サンラ・ワールド」 上場祝賀会で数億 滞納家賃に充てる?(産経新聞)
line
【法廷ライブ 秋葉原17人殺傷 第3回公判】(3)11:10~11:25

 《約15分の休廷を挟み、午前11時10分から再び開廷した法廷には、高さ約180センチの灰色の衝立が置かれ、証人席は見えない。裁判長に入廷を告げられて黒いスーツに身を包んだ加藤智大(ともひろ)被告(27)が左の扉から入り、続いて、秋葉原無差別殺傷事件を目撃した証人が向かって右側の扉から入る》

  〔フォト〕友人とカラオケに興じる加藤智大被告

 《証人の姿は一切見えないが、宣誓を読み上げる声から若い男性が遮蔽(しゃへい)の向こう側にいることが分かる。検察官による証人尋問が始まった》

 検察官「平成20年6月8日に起きた秋葉原での殺人事件の目撃者ですね?」

 証人「はい」

 検察官「証人はこの日、なぜ、秋葉原に来ていたのですか」

 証人「テニスサークルで使うテニスのガットを張るために来ていました」

 検察官「1人で来ていたのですか」

 証人「サークルの友達と一緒でした」

 検察官「当時、どこにいましたか」

 証人「マクドナルドの反対側の道路にいました」

 検察官「この地図に、いた場所を書き込んでもらえますか。○印をつけてください」

 《衝立の向こう側で、検察官が事件現場の地図を証人に示しているようだ》

 証人「はい…」

 検察官「マクドナルドの位置も書いてください」

 証人「はい」

 《検察官と証人のやりとりに、村山浩昭裁判長が「書き込んだら、こちらに見せてください」と告げた。一方、加藤被告も手元にあるノートに何かを書き込んでいるかのようにペンを走らせていた》

 検察官「では、何を目撃したかを聞いていきます。最初に何があったのですか」

 証人「『ガシャン』という音が聞こえ、その方向に振り向きました」

 検察官「どこから聞こえましたか」

 証人「交差点の方です」

 検察官「どんな光景が見えましたか」

 証人「トラックが猛スピードで走り、2、3人がはねられていました」

 検察官「トラックはどの方向からどの方向に走っていましたか」

 証人「西から東です」

 《検察官は証人に、地図上にトラックの走行する方向と位置を書き込むよう促す。証人が書き込んだ印は法廷の両脇にある大型モニターに映し出された》

 検察官「2、3人がはねられた状況を詳しく聞かせてください」

 証人「トラックの北側と南側に一人ずつはね飛ばされているのが、影のようにみえました」

 検察官「影のように、ですか」

 証人「はい。一瞬の出来事で、影のように見えました」

 検察官「それが人だと分かりましたか」

 証人「はい」

 《検察官は、はね飛ばされた人の位置を地図上に書き込むよう証人に促した。A、Bの記号で書くように言われた証人は、ペンで書き込む。その状況が大型モニターで映し出された》

 検察官「この2人以外に、トラックにひかれた人はいましたか」

 証人「はい」

 検察官「その人はどのようにひかれましたか」

 証人「右前輪にひかれ、車の下にいました。うつぶせで上半身が見えました」

 検察官「下半身は?」

 証人「黒かったような…」

 検察官「その人の体はどうなっていましたか」

 証人「前輪でひかれ、体をくるくるさせながら、引きずられていました」

 検察官「トラックはおかしな動きをしていませんでしたか」

 証人「バウンドしたように走っていました」

 検察官「なぜ、そう見えたのですか」

 証人「人が後輪でひかれた際に、トラックがバウンドしたように見えました」

 検察官「スピードはどうでしたか」

 証人「40~50キロぐらいだったと思います」

 検察官「ブレーキをかける様子はありましたか」

 証人「一切無かったです」

 検察官「車輪にひかれた人はどうなっていましたか」

 証人「うつぶせになったまま、ぷつりとも動かなかったです」

 《加藤被告は前方にいる検察官と手元のノートに交互に視線をやりながら、手に持ったペンで何かを書き込んでいるようだ》

 検察官「ひかれた人はどんな格好でしたか」

 証人「グレーの上着にジーンズをはいていたようなイメージです」

 検察官「男性ですか?女性ですか?」

 証人「男性でした」

 検察官「年齢は?」

 証人「自分と同じぐらいで…。20歳ぐらいに見えました」

 検察官「その人は動いていない様子でしたか」

 証人「はい」

 検察官「その時、どう思いましたか」

 証人「初めて見た光景で、少し気分が悪くなりました」

 検察官「その人はどうなったと思いましたか」

 証人「お亡くなりになったと思いました」

 《淡々と説明する男性の証人。その口からは凄惨(せいさん)な現場の状況が浮かび上がり、法廷は静まりかえっていた》

 =(4)に続く

【関連記事】
(2)明かされる遺体や傷の状況… うつろな瞳で聞き入る被告 秋葉原17人殺傷 第3回公判
証人尋問で遮蔽措置「気分悪くなった」 秋葉原殺傷公判
証人を遮蔽、けがの状況生々しく 秋葉原殺傷第3回公判
秋葉原殺傷事件 引きずる影、薄れる記憶
■特集:法廷ライブ「秋葉原17人殺傷 第3回公判」

<山岡国対委員長>石川議員の辞職勧告「採決せず」(毎日新聞)
フランス 本場もうなる「神の雫」 著名ソムリエ高い評価(毎日新聞)
大阪・西成で不審火4件 自転車やビニールシートなど燃える(産経新聞)
石井議員口利き「記憶ない」=村木被告公判で厚労省元部長-大阪地裁(時事通信)
木島容疑者逮捕 状況証拠積み重ね立件 犯行に睡眠薬「詐欺と殺人セット」(産経新聞)
line
 衆院予算委員会は5日午前、鳩山由紀夫首相と全閣僚が出席して2010年度予算案に関する基本的質疑を行い、実質審議入りする。民主党の池田元久氏はトップバッターとして、二番底が懸念される景気の現状認識や、納税者番号制度の導入について、政府の見解をただす。続いて、社民党の照屋寛徳国対委員長、国民新党の下地幹郎政調会長らが質問に立ち、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題などを取り上げる。
 午後からは自民党の石破茂政調会長や菅義偉元総務相らが質問。石川知裕衆院議員が政治資金規正法違反罪で起訴されたことを受け、首相や小沢一郎民主党幹事長の政治責任を追及する。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏を不起訴~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘~経産省と組んだ菅副総理~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

<文科省>創志学園を処分 財源不足のまま大学新設(毎日新聞)
朝青龍「いい形を選んだ」=NHK会長(時事通信)
わいせつ殺人で無期懲役=裁判員「市民として納得」-静岡地裁支部(時事通信)
<山本病院事件>不要ながん治療や検査繰り返す 死亡患者に(毎日新聞)
<時効見直し>結論持ち越し 法制審部会(毎日新聞)
line
 産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が6、7日に行った合同世論調査で、資金管理団体「陸山会」の政治資金規正法違反事件をめぐって民主党の小沢一郎幹事長に対して、女性層からの嫌悪感が広がっていることが浮き彫りになった。女性層の半数以上が小沢氏の議員辞職を求めており、夏の参院選を控え民主党は女性票の取り込みに不安要素を抱える形になった。

 「小沢氏は幹事長を辞任すべきだ」とする回答は、前回調査(1月16、17日実施)並みの70・3%だったが、女性層に限ると73・9%となり、男女間で7・4ポイントの乖離(かいり)がみられた。また「小沢氏は議員辞職すべきだ」とした全体の回答は48・2%だったが、女性層は51・8%と半数を超えた。

 特に30代女性が小沢氏に対して批判的な傾向が強く、87・5%が幹事長の辞任、58・0%が議員辞職をそれぞれ求めている。「子ども手当」が支給されれば最も恩恵を受けるはずの世代だが、「政治とカネ」の問題には厳しい見方をしているようだ。

 東京地検特捜部の事情聴取後に行った記者会見など、これまでの小沢氏の説明に「納得できない」としたのは87・8%に上り、30代女性にいたっては96・6%が説明不足と感じている。小沢氏の謝罪についても「不十分」と考えている回答者が88・4%に上ったほか、88・5%が「小沢氏は国会の場での説明や質疑に応じるべきだ」としている。

 一方、民主党支持層に目を移すと、小沢氏の出処進退を迫る声はトーンダウンしているようだ。幹事長辞任を求める回答は52・9%で、前回調査比でやや減少した。連立相手の社民、国民新両党の支持層でもそれぞれ47・1%、66・7%と与党支持者にも“小沢氏離れ”は根強いものになっている。

 「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件の捜査に対し、民主党内から反発の声が上がっていることについて「理解できる」と回答したのは56・4%で、女性層の方がやや高かった。また、「検察側の捜査は十分だった」とする回答は24・4%で、女性層に限ればさらに少なく、女性層の方が検察側の捜査に対して厳しい視線を送っているようだ。

【関連記事】
小沢氏の不起訴・続投「当然」 達増岩手知事
鳩山首相「重い十字架背負うのは辛い」
鳩山首相、小沢氏の幹事長辞任を求めず
官房長官、小沢氏辞任論「世論調査、一概に判断できない」
内閣不支持率、支持率を初めて上回る 産経・FNN合同世論調査

<陸山会事件>民主党内からも批判(毎日新聞)
政務三役・副幹チームを検討=政策関与の強化狙う-民主(時事通信)
関東甲信地方で2日未明にかけ雪=10~30センチ、平野部でも-気象庁(時事通信)
「寒ブリ」不漁、水揚げ10分の1…富山湾(読売新聞)
【科学】強度こんにゃくの500倍 東大が水分98%の新物質開発(産経新聞)
line
 1960年のチリ地震による津波が青森県八戸港周辺を襲った時の写真50枚が、八戸海上保安部で見つかった。

 当時の八戸海保職員が撮影したもので、津波直後の生々しい爪跡を記録している。身近な場所が津波でどうなったかを知り、住民に津波防災への意識を高めてもらおうと、同海保は近く、写真を一般公開する予定だ。

 チリ地震は1960年5月23日に発生。マグニチュード9・5と史上最大規模の大地震で、津波は震源地から約1万7000キロ離れた日本の太平洋沿岸にまで到達、死者・行方不明者142人を出した。八戸市でも高さ数メートルの津波が押し寄せ、被害は死者・行方不明者3人、重傷者2人、建物の全半壊128戸に達した。

 写真が見つかったのは昨年12月。同海保職員が倉庫の整理中に古ぼけたアルバム2冊を見つけた。

 砂浜や川岸に打ち上げられた漁船、壊れた家を前に途方に暮れる人々、津波が引く際に姿を現した海底をのぞき込む住民――。月日を経て色がはげたりした白黒の写真には、50年前の津波災害の生々しい被害の様子が収められていた。

 撮影したのは当時八戸海保警備救難課員だった加藤浩さん(73)(千葉市在住)。写真が見つかったとの海保の部内紙を読み、「自分が撮った」と名乗り出た。

 津波襲来直後に八戸港の海保庁舎に駆けつけたところ、1階は波に洗われて水浸し。無事だった2階にあったカメラを手に、翌日の朝までほぼ24時間かけて現場を歩き回ったという。

 フィルムは5本しかなく、フィルムが切れた後は、惨状を目に焼き付けた。加藤さんは「港に浮かんでいた船が陸に打ち上げられてひっくり返り、本当に地獄のようだった」と振り返る。

 同海保は、八戸市水産科学館「マリエント」で近く写真を公開する予定。同海保の佐藤秀彦・管理課長は「当時は、津波速報を知ることができず、市民も不安だったと思う。写真を見て津波への備えをしてほしい」と話している。(森山雄太)

新日鉄が名古屋港に汚水排出、海保が捜索(読売新聞)
【人・街・声】新宿の訪問歯科医 人のつながりが蘇らせた笑顔(産経新聞)
カーナビに事件現場登録=月決め駐車場を行き先に-木嶋容疑者、下見か・埼玉不審死(時事通信)
「普天間が今のまま…」岡田外相が可能性言及(産経新聞)
大阪「正論」懇話会 佐藤優氏が講演 「外交、強固な国家体制必要」(産経新聞)
line
 「あんた方が勝手に出ていくだけだ」

 自民、公明との連立で与党だった平成12年4月、自由党分裂の窮地に立たされた党首(当時)の小沢一郎は、保守党結成に動き、自由党の党費分配を求めた野田毅らにすごんだ。

 連立内では、自らの主張を反映させようと揺さぶりを掛ける小沢に対する不信感が頂点に達していた。思い通りにできない小沢は連立離脱を示唆、連立維持派の野田らと亀裂が生じた。

 小沢はついに「(連立結成時の)約束はどうなっている」と連立を離脱し、自由党は分裂した。

 自由党分裂で表面化したのが、政党交付金(助成金)の分配問題だった。この年、国から自由党に支給される予定だった助成金は約28億円。野田らは「きれいに分党するのが筋」と折半を求めたが、小沢は突っぱねた。

 同年6月の衆院選で、小沢率いる自由党は現有議席を4上回る22議席を獲得する善戦を見せた。一方、選挙後まで助成金が交付されなかった保守党は18から7へと大幅に減らした。

 当時の保守党関係者は「金だけじゃない。何もくれなかった」とつぶやく。ある国会議員は「敵対勢力、自分を脅かす勢力は徹底的につぶす。そのやり方は陰険で、度を超してえげつない」と小沢を評する。

 ◆師の教え

 「政治は数、数は力、力は金」とは、小沢が「オヤジ」と慕った元首相、田中角栄の言葉だ。自民党を抜けた後、「政界再編」を唱えて政党の破壊と創成を繰り返した小沢は「壊し屋」と揶揄(やゆ)された。その裏では、師の教えに従うかのように「力=金」を蓄えた。

 小沢が代表幹事を務めた新生党は6年12月に新進党に移行するため解散。その直前に残った資金約9億2千万円を政治団体「改革フォーラム21」に移した。残りの資金には立法事務費約5億円も含まれていた。

 15年9月、民主党との合併に伴う自由党解散時には助成金約5億6千万円を含む約15億5千万円の資金が残っていたが、解党当日に約13億6千万円が自由党の政治資金団体「改革国民会議」に寄付された。

 いずれの団体も、小沢の旧個人事務所(東京都千代田区)と同じ住所で、後に関連政治団体になる。

 助成金も立法事務費も公金だが、政党解散時に返還義務はない。助成金は政党助成法上「解散時に、総務大臣が残金の返還を命じることができる」とされるが、命令に従わなくても罰則はない。小沢も成立にかかわった「ザル法」を利用し、党費を独占したとみられてもおかしくない。

 ◆“灰色資金”

 「数は力」を実践したのが選挙だ。小沢は自身がかかわる選挙で東北地方のゼネコン関係者を動員した。ゼネコン各社は動員に応じることで「小沢事務所に認められ、工事受注につながる」(東北のゼネコン幹部)と考えていた。

 この関係は東北にとどまらない。10年の参院選で小沢の秘書だった樋高剛(現衆院議員、同選挙では落選)が神奈川選挙区から出馬。その際、ゼネコン関係者から約3万5千人分の有権者名簿が集まった。さらに事務所にも東北からゼネコン関係者が応援として送り込まれた。

 政権交代を実現した昨年8月の衆院選。小沢は選挙担当のトップとして民主党の資金配分や候補者選定で党内一の影響力を誇った。シンパと反小沢に資金面で極端に差を付けた。選挙戦では小沢の秘書が新人に張り付き、選挙のイロハをたたき込んだ。その秘書の給与は小沢持ち。「小沢チルドレン」「小沢ガールズ」はこうして生み出された。

 「力=金」の図式を、小沢は党運営や選挙で効果的に使い、シンパを増やす構図だ。その過程には、灰色の資金集めが見え隠れしている。(敬称略)

【関連記事】
【剛腕の実像 小沢氏不起訴】(上)「秘書が…」18年前から続くデジャブ
続投の小沢氏 「剛腕」再始動
側近に圧力「小沢が倒れたら鳩山も終わり」
特捜部、小沢捜査続行 国税当局とタッグでリベンジへ
不起訴で「盛大な前夜祭」 民主党内の軽薄さと重苦しさ

外環道工事 40年ぶり再開(産経新聞)
「政治とカネ」、第2ラウンドへ=1日から代表質問-衆院(時事通信)
10年度予算、3日審議入り=衆院委(時事通信)
<寛仁さま>不整脈のため再入院(毎日新聞)
学力テスト抽出率にばらつき 対象外でも自主参加可能(産経新聞)
line
 埼玉県などで男性が相次いで不審死した事件で、埼玉県警は1日、交際相手だった東京都千代田区の会社員大出嘉之さん(当時41歳)に対する殺人容疑で、東京都豊島区の無職の女(35)(詐欺罪などで起訴)を再逮捕した。

 捜査関係者によると、女は昨年8月5日夜、埼玉県富士見市針ヶ谷の月決め駐車場で、レンタカーの助手席で練炭をたき、睡眠導入剤で眠らせた大出さんを殺害した疑い。

明細付き領収書、無料で全患者に=10年度診療報酬改定で検討-厚労省(時事通信)
<鳩山首相>施政方針演説 理念強調も新政策の詳細示さず(毎日新聞)
宮城県北部で震度4の地震(産経新聞)
豪華絢爛山形のひな人形1000体展示(産経新聞)
「鬼は大阪市長」 橋下知事、豆まきで宣戦布告(産経新聞)
line
 コンピューターウイルス「ガンブラー」やその亜種によるウェブサイト改ざんがやまない。

 これまで企業が中心だったターゲットが自治体や大学、独立行政法人などのサイトにも拡大。

 さらに、同じ攻撃手法の“新型”も登場。ウイルス対策会社によると、この1か月間で400近い企業サイトの改ざんが確認された。新タイプでは、従来型と違い、クレジットカード番号を盗む仕組みが加わるなど、犯罪の意図が明確になってきているという。

 自治体でサイト改ざんが確認されたのは東京都瑞穂町と北海道。瑞穂町は昨年10月12日から30日にかけてトップページなどが改ざんされた。閲覧した約8000人のパソコンに感染の恐れがあるという。北海道の場合、昨年12月11日から今月5日まで、道立生涯学習推進センターが管理するサイト8か所が改ざんされた。期間中に延べ1800人が閲覧したという。

 住民などの個人情報が盗まれる恐れがあるとして、総務省では、所管の財団法人「地方自治情報センター」が作成したガンブラー専用の検知システムを利用するよう全国の自治体に呼びかけている。

 また、東京大学大学院教育学研究科や、中小企業基盤整備機構、札幌市公園緑化協会や仙台国際交流協会などでも改ざんの疑いが判明。ウイルス対策会社「G Data」(東京)は「企業サイトにとどまらずに被害が広がっている。攻撃者は自動巡回ソフトなどを使って手当たり次第に狙っているのでは」とみる。

 ガンブラーは昨春、世界的に出回り始め、いったん沈静化したものの昨年10月頃に再燃。改ざんされたサイトを閲覧すると、不正サイトに誘導され、IDやパスワードなどを抜き取られるというものだったが、実害が報告されないまま同12月中旬に攻撃は静まった。

 ところが、この頃から今年にかけて“第3波”が来襲。今度は、不正サイトに誘導された後、偽のウイルス対策ソフトをインストールさせて、クレジットカード番号などを盗んだり、スパムメール(迷惑メール)配信に利用されたりする恐れがあるという。

 ウイルス対策会社「カスペルスキーラブスジャパン」(東京)の調査では、このタイプの改ざんは12月24日以降、国内380以上のサイトで確認された。同社アナリストの石丸傑(すぐる)氏(26)は「前回までは攻撃者の意図が見えにくかったが、今回は明らかに金銭目的だ」と分析。「知らない間に第三者に遠隔操作されているパソコンがどんどん増えているかもしれない。利用者もソフトウエア更新など自衛に努めて」と呼びかけている。

6新人が届け出=長崎知事選(時事通信)
阿弥陀如来像、浄土宗に戻る=法然800年忌前に-京都(時事通信)
<JR東日本>夜行列車の一部運休 日本海側の大雪で(毎日新聞)
<名誉棄損>飯島氏発言報道で本社に賠償命令 東京地裁(毎日新聞)
押尾被告、3月に公判前整理=保護責任者遺棄致死-東京地裁(時事通信)
line
 1日午後2時10分頃、福島県須賀川市の病院から「胸などを刃物で切られた男性が搬送された」と須賀川署に通報があった。

 男性は胸や腕などに傷を負っており、緊急手術を受けたが約3時間後に死亡した。同署は男性の身元を調べるとともに、殺人事件とみて、2日に司法解剖して死因を調べる。

 発表によると、1日午後2時頃、須賀川市五月雨の県道を、別の男性(62)が乗用車で走っていたところ、血を流した男性が目の前に飛び出し、「病院まで連れて行ってほしい」と助けを求めてきたため、近くの病院に運んだという。

 死亡した男性は20~30歳くらいで短髪。黒いセーターにジーンズ姿。財布や携帯電話などの所持品もなかったという。

首相、日本郵政社長は「天下りではない」と強弁(産経新聞)
<小沢幹事長>「私は潔白です」与党幹部会合で陳謝(毎日新聞)
首相、閣僚に自制要求=官房長官は陳謝-亀井発言(時事通信)
<秋葉原無差別殺傷>責任能力が最大争点に 28日初公判(毎日新聞)
<住民投票法案>策定へ 条例を自治体に義務付け(毎日新聞)
line
 鳩山由紀夫首相は29日、昨年12月の完全失業率(季節調整値)が0・1ポイント改善し5・1%になったことについて、「全然、楽観はできない。まだ5%を超えている。多くの国民が働きたいけれども働けない状況は変わっていない」と述べた。首相公邸前で記者団に答えた。 

 首相は「(雇用を維持する企業を支援する)雇用調整助成金の拡充などの補正予算が昨日成立した。早く執行する。来年度予算(案)を早くあげて、早く執行する。働きたい方々の就職ができる環境を何としても作り上げていく努力が大切だ」と述べ、来年度予算案の早期成立に全力を挙げる考えを示した。

【関連記事】
09年の失業率、5・1%に大幅悪化 6年ぶりの高水準
トヨタの加州工場閉鎖で100人がデモ
世界経済、2010年は2.7%成長見通し「回復弱い」
派遣で生活55歳の新左翼活動家、失業手当を詐取容疑
本当に“派遣村”なの? 存在意義めぐり議論

船田・元衆院議員が週刊新潮を提訴 不倫報道は「事実無根」(産経新聞)
新型インフル対策「別室」も 関西の私大入試本格スタート(産経新聞)
「子の奪取に関する条約」日本の早期加盟要請(読売新聞)
JR福知山線ATSトラブル(産経新聞)
遺伝子型で製剤投与立証=カルテない女性和解、肝炎訴訟-新潟(時事通信)
line
 日中両国の有識者による歴史共同研究の成果をまとめた報告書が31日、公表された。双方は、日中戦争の原因が基本的に日本側にあり、中国国民に深刻な被害を与えたとの見解では一致。しかし、南京虐殺事件の犠牲者数を中国側が30万人と主張したのに対し、日本側は2万~20万人とするなど、認識の隔たりも浮き彫りとなった。
 日中の有識者は共同研究を継続していく方針を確認しているが、政治体制の違いもあり、歴史認識の共有に向けたハードルは高いのが実情だ。
 歴史共同研究は両国の相互理解を深めることを目的に、2006年10月の日中首脳会談で合意され、同年12月にスタート。日本側は北岡伸一東大教授、中国側は歩平・社会科学院近代史研究所長が座長を務めた。
 報告書は約550ページで、古代から近現代までの歴史を、日本側委員と中国側委員がそれぞれの立場から記述した。国内世論に与える影響を懸念する中国側の要望で、天安門事件(1989年)などが含まれる戦後史は報告書から除外された。 

普天間移転の候補地徳之島 地元町長は官房長官と面会拒否(J-CASTニュース)
<選挙違反>後藤議員の出納責任者に有罪判決 熊本地裁(毎日新聞)
【中医協】有床診入院基本料を再編成(医療介護CBニュース)
小天体の衝突でも大災害か=国際協力で調査と対策を-米科学アカデミー報告書(時事通信)
JR東海、リニア海外展開へ 米国で事業化調査(産経新聞)
line
 午前5時55分、松野頼久官房副長官が公邸に入った。同6時5分、松井孝治官房副長官が加わった。同7時18分、平野博文官房長官が加わった。
 午前8時34分、平野氏が出た。同39分、松野氏が出た。同42分、松井氏が出た。同44分、公邸発。「平野博文官房長官が名護市長選の結果を斟酌しなければならない理由はないと発言し、稲嶺氏らが不快感を示しているが」に「検討委員会でしっかりとゼロベースで普天間の移設先を決めていくことに変わりはない」。同45分、国会着。同47分、参院第1委員会室へ。同52分、参院予算委員会開会。
 午前11時53分、参院予算委休憩。同54分、参院第1委員会室を出て、同57分、国会発。同58分、官邸着。午後0時、執務室へ。
 午後0時7分、執務室を出て首相会議室へ。
 午後0時32分、首相会議室を出て執務室へ。
 午後0時52分、執務室を出て、同53分、官邸発。同55分、国会着。同57分、参院第1委員会室へ。同1時、参院予算委再開。
 午後4時54分、参院予算委散会。同57分、参院第1委員会室を出て、同59分から同5時まで、院内大臣室前で櫛渕万里民主党衆院議員ら。同1分、院内大臣室へ。同5分、閣議開始。
 午後6時19分、閣議終了。
 午後6時22分から同31分まで、地球温暖化問題に関する閣僚委員会。同34分、院内大臣室を出て、同35分、国会発。同37分、官邸着。同38分、執務室へ。
 午後6時53分から同55分まで、平野官房長官。同56分から同7時19分まで、岡田克也外相、河相周夫官房副長官補、外務省の斎木昭隆アジア大洋州局長、杉山晋輔地球規模課題審議官。
 午後7時37分、執務室を出て大ホールへ。同38分から同45分まで、報道各社のインタビュー。「オバマ大統領が発表した金融規制案を受けて株安、円高が続いているが」に「しばらく様子を見ることが正しいと思っており、今すぐに何らかの対策を講じるつもりはない」。同46分、大ホールを出て、同47分、官邸発。同54分、東京・内幸町の日本プレスセンタービル着。民放解説研究会の新年会に出席。
 午後8時21分、同所発。同25分、公邸着。
 27日午前0時現在、公邸。来客なし。
(了)

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~検察が小沢一郎民主党幹事長から事情聴取~
【特集】オバマ語録
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
捜査は検察の政権つぶし~民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~

新たに無職男を逮捕=女性遺体遺棄事件-兵庫県警(時事通信)
奈良の仏像盗難事件捜査終結、被害は計157点(産経新聞)
<本埜村>合併で消滅、新村長の任期は43日…2月2日告示(毎日新聞)
宮城県で震度4(時事通信)
「海外からでも納税できる」遼君、ネット申告PR(読売新聞)
line
line

line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。